南柏の英会話スクール

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問
皆様からのご質問やご意見ご要望をお待ちしております。

<共通の質問>

Q.教室は、どこにありますか?
南柏駅の西口から徒歩2分の大慶ビルの3階にあります
車の場合は、国道6号の南柏駅西口T字路を駅方向に入って突き当たりを左折して3つ目のビルになります

Q.駐車場、駐輪場はありますか?
専用の駐車場はありませんが、教室の近隣に有料駐車場が数箇所あります
駐輪場もありませんが、教室があるビルの入口に若干のスペースがあります

Q.先生は、外国人ですか?
イギリス人の専任講師と日本人の専任講師がいます
イギリス人講師は、英語の「聞く・話す」を中心に、日本人講師は「読む・書く」を中心に教えて、英語の4技能をバランスよく伸ばして参ります

Q.レッスンは、週1回決められた日時に通うのですか?
スキル別にクラス編成を行いますので、決められた日時にレッスンを行ないます
ただし、原則として1週間に同一クラスのレッスンを複数回実施しますので、定員オーバ時を除いて振替レッスンが可能です

ネイティブコース、ベーシックコース、フォニックスコース、英検コース、中学準備コース、アダルトコースなどを常時開講していますので、ご希望のコースを最適なレベルで受講して頂けます

Q.途中入会してもレッスンについていけますか?
全てのクラスで復習を織り交ぜながらレッスンを行っていますので途中入会の方でも安心して参加して頂けます
講師が目配りできる少人数のクラスで、十分なサポートを行います

Q.月謝の納入はどうするのですか?

月謝は、翌月分を前月の定められた日までに納入して頂きます
納入方法は、口座引き落とし、クレジットカード、振込の何れかの方法でお願いします

Q.ウィンビー南柏校の一番の特徴はなんですか?

私達は、全国に1000校以上展開しているスクールIE塾のノウハウを基にテキストやカリキュラムを作成しています
そのノウハウを基に英語という言葉の4技能をバランスよく伸ばすレッスンを行います
具体的には、ネイティブ講師が英語の“聞く・話す”を担当し、日本人講師が“読む・書く・文法”を連携して教えて参ります。英会話スクールと英語塾の長所を合わせ持つ英語教室です

Q.ウィンビー南柏校は大人も受け入れますか?

受け入れています。当校は、2歳半から大人までレベルに応じたテキストを作成しており、講師の訓練も毎月定期的に行い、万全の受け入れ体制を整えています。現在、大学生や専門職、一般企業にお勤めの方など多くの方がレッスンに通われています。受講費用も、安心の月謝制で大変コストパフォーマンスが高いと高評価を頂いています。

<無料体験レッスン>

Q.無料体験レッスンの予約は必要ですか?
お問い合わせフォームまたは、電話、FAXで予約をお願いします
ネイティブ講師が、空いている時間を使って英語力を判定するために約30分程度のレッスンをさせて頂きます
その後、日本人講師とマネージャーを含めて面談を行ってご希望をお伺いしながら、レッスンコースやクラスをご提案させて頂きます

Q.夫婦や兄弟での体験レッスンは可能ですか?
夫婦や兄弟・姉妹、友達と一緒の体験レッスンはWelcomです
現在、一緒に楽しく学んでいる方々がいらっしゃいます
体験レッスン後の面談で、ご希望などを詳しくお伺いして出来る限りの対応をさせて頂きます

Q.体験レッスン後はどうなりますか?
現在、体験レッスン後に入会のご判断を頂いた方に、以下のキャンペーンを行っております。
ご希望のコースと当方のご提案のレベルで2回まで無料レッスンを受講できます
ご希望を伺いながら、2回のレッスンの中でコースやレベルを最終決定させて頂きます

Q.体験レッスンの持ち物は?
筆記用具だけ持参して下さい

Q.無料体験レッスンは何度も受けられますか?

無料体験レッスンは、1度だけとさせて頂いております
無料体験レッスン後はインクラスでレッスンを受けて頂きます。クラスの雰囲気やコース内容でご要望がございましたら柔軟に対応させて頂きます

<ネイティブコースについて>

Q.ネイティブコースはなぜ必要なのですか?
言葉にはそれぞれ周波数があって、日本語は125ヘルツ から1500ヘルツ、英語は2000ヘルツから1万2000ヘルツの周波数領域を使用していると言われています
従って、日本語だけ聞きている耳では、英語を聞き取ることが困難なので、ネイティブの発音をしっかり聞いて英語用の耳を作ることが大切になります
一般的には、幼児・児童期の方が英語耳を作るのに適していると言われています

<フォニックスコースについて>

Q.フォニックスを習うとどんな良いことがありますか?
少し長文になりますがお読み下さい
多くの英語圏の子供達は、アルファベットや英単語の読み書きをフォニックスで学習しています
フォニックスは英語圏の子供 たちにとっては良く知られた学習方法ですが、最近では日本での知名度も上ってきています

フォニックスは、英語の文字と音の関係を表すルールで、英語の75%程度はフォニックスのルールに合致していると言われています
簡単に言うと、アルファベット毎の音「a」「b」「c」をそれぞれどう発音するのか、そしてそれを組み合わせたらどう発音されるのかを学びます

フォニックスをちゃんと学んだ子供達は、何ができるようになる のかというと、「英単語のスペル(つづり)を見ると発音がわかる。知らない単語でも発音を聞くとスペル(つづり)がわかるようになります

例えば、「cat」は、「キャット」と発音(ジャパニーズイングリッシュで済みません)しますが、アルファベットの読みを学んだだけでは「キャット」とは発音できませんね
フォニックスでは、「c」と「a」と「t」の組み合わせを「c(ク)」「a(ェア)」「t(トゥ)」と学びます
それで、「キャット」と言えるようになります

実際のフォニックスの学習では、アルファベット1語から始めて徐々に2音、3音と組み合わせる音を増やしていきます
アルファベット26文字の発音方法を一通りマスターすると、「cat」というのが、どういう意味なのか、どういう単語なのか知らなくても「キャット」と発音できるようになります
フォニックスを学ぶ利点は、スペルと発音が分かるようになる、発音が正確になる(ネイティブと同じレベル)、ネイティブの発音を正確に聞き取ることが出来るようになることです
ということで、フォニックスを学べば「cat」を「キャット」ではなく、「クェアトゥ」と発音出来るようになります

<ベーシックコースについて>

Q.ベーシックコースの利点を教えて下さい。
言葉は、「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能から成り立っています
この中で、「聞く・話す」は、実際に英語を話している人の「音」を聞き分ける訓練が必要になります
赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じようなことを繰り返して、習得していくことになります
当校では、この教えを英国人講師が行っています

一方、「読む・書く」は、子供が小学校に入って国語の勉強をすることに似ています
言葉には、基本的なルールやいろいろな約束事があります
もちろん、「読む・書く」もネイティブ講師が担当することは可能ですが、分からないことを分からない言葉で教えるのは非効率で、日本語と英語のバイリンガルが教えた方が効率的です
当校では、これを専任の日本人講師が行っています

その成果の1つとして、当校では小学校の低学年でもどんどん実用英検の取得が進んでいて、既に3級の合格者が出現しています。なお、英検3級は中学卒業レベルの英語力になります

<英検コースについて>

Q.英検コースの内容と目的を教えて下さい
英検コースは、英検Jr.コースと実用英検コースがあります
英語は、2020年に小学5年から教科化になりますので、教科書で学び評価がつけられます
早晩、中学受験にも英語の試験が導入されるものと思います

当校の英検コースは、そのような動向を先取りする形で実施しており、その成果を英検の受験で確認しています
英検を着実にステップアップしてくことで、学校のテストや受験にもしっかり備えることができます
当校では、英検Jr.のBRONZE(小学低学年レベル)から英検2級(高校卒業程度)まで、スクールIEで養ったノウハウを基に着実に英検を取得できるよう指導を行っております

お気軽にお問い合わせください TEL 04-7142-7001 火曜日~金曜日 13:00~21:00
土曜日 10:00~18:00

お客様インタビュー

お客様インタビュー

「スペリング・ビーとスピーチコンテストで全国1位。スキルに合わせたクラス分けで、高いレベルで『聞く、話す、読む、書く』の英語の4技能が身につきます。」

PAGETOP
Copyright © ウィンビー南柏校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.